埼玉県経営革新計画承認店(第273号)

私の育った家庭。

自分では普通な事が世間から見たらとても珍しいことって結構あると思います。
私の中学生の時は父が病気や酒がらみの事故で入退院が多くて親戚知り合い仕事関係…借金だらけで貧乏でした。
私は中学は野球部でしたが部活を休んで家の手伝いをしたりよくやっていました。
野球部で友人のスパイクで僕の靴を側面を破いてしまい靴下が見える運動靴でしたが
私はその靴をずっと履いて通学から部活もやっていました。
よくからかわれました
先生にも靴を買うように言われました
ただだらしない生徒に見えたんでしょうが実は家庭の事情で靴は買えませんでした。
その類の事は感覚が麻痺していてあまり恥ずかしいとは思わなかったですが
家庭科の調理実習で女子と一緒に班を作りカレーを作ることになりました🍛それぞれ手分けして必要な食材を持ってくる約束で私の担当は肉🥩でした。
母にお願いしたら必要なグラム数の鶏肉を買ってきました
私の家庭では貧乏なのでカレーと言えば鶏肉でした
学校に持っていったら案の定みんなからブーイングでみんなは私が間違った?と思い!何で小山鶏肉持ってくるんだよ!間に合わないじゃないか
私は女子の手前恥ずかしくてしょうがありませんでした。
学校の先生も授業中でしたが肉を取り替えて来なさいと許可され私は走って家まで帰り母にやっぱり駄目だったよ💦鶏肉何かでカレー作る家ないってよ
母は、そうかい…悪かったね
と言い私にお金を渡しスーパーで肉を買って学校に戻りました。

私の中では普通の事でしたが人に話すと珍しいみたいで
自分では普通と思っていても普通じゃないことって結構あるんですよね🐈

中学生で家の手伝いで部活を休む生徒は普通いなくて💦
野球部がきつかったので同級生が小山ずる休みしてるんじゃないか💢❗と
部活帰りにうちまで覗きに来たこともありました^ ^
父が入院中
畳屋のおじが仕事をやりに来てくれたりしていたので手伝いました。

私が18歳のとき畳問屋の社長が来てお宅の息子免許取るの待ってたよ
と暇な畳屋の息子は問屋で働くことになり[親の命令で身売りみたいなもの]問屋で働きあちこちの畳屋に
配達したり注文取ったり
なぜか問屋の社長の命令で年配畳屋の納品を手伝ったり… 色々やりました。

それでびっくりしたことがありました私は畳屋と言うのは皆貧乏なんだと思っていました
恥ずかしい職業だと思っていました

ところが問屋でいろんな畳屋に行くと私のような中卒でゴミ屋に働きに行くような畳屋さんはなくて僕と同じ位の畳屋の息子は高校は卒業していたり
結構大学に行っている息子さん

もいて
経済的にも常識もちゃんとしている畳屋さんばかりで
した‼️
あれにはびっくりしました
親子して情報弱者だったんだなと今思います😊

コメント